足のムレやニオイ…男性の立ち仕事に最適な靴下とは?

記事公開日:2018年08月17日最終更新日:2018年08月20日 50 PV

外回りをする営業職や、建築・土木などの工事現場、医療・介護現場など、立ちっぱなしや歩き回ることが多い職業の方にとって最適な靴下とは何でしょう?
一番気になるのは、足のムレやニオイではないでしょうか?立ちっぱなしや歩き回ることが多いと、デスクワークの方よりも、汗をかきやすくなりますよね。
今回は、立ち仕事が多い男性の方に、最適な靴下の選び方を解説します。靴下1つで、今までよりも快適なビジネスライフを送れるかもしれません!

5本指靴下で、足のムレやニオイを対策しよう

足裏には汗腺が集中しているため、人は1日で足裏にコップ1杯分の汗をかくと言われています。汗をかいて足が蒸れると、元々足裏にいる皮膚常在菌が増殖しやすくなります。
この皮膚常在菌が汗で分解される際に生じる老廃物が、ニオイの原因になります。

汗は生理現象なので止めることができないので、汗をかいたとき、いかに蒸れにくくするかが、足のニオイ対策の鍵。
そんなときは、5本指靴下がおすすめ。
足の指の間の汗をしっかり吸うことで、ムレを抑え、不快なニオイが発生しにくくなります。水虫の予防にも効果的です。

しっかり足にフィットすることで効果てき面の5本指靴下

5本指靴下をはいて動いていると、靴下がずり下がって、小指から脱げてしまうことがよくありますよね。
指と指の間にきちんとフィットしてこそ、5本指靴下は効果を最大限に発揮できるもの。

そこでおすすめなのが、かかと直角の靴下。
普通の靴下は、店頭できれいに陳列できるように、かかとが直角に作られていません。
かかと直角の靴下はその名の通り、製造工程の段階で、かかと部分が直角に編まれているので、靴下をはいた状態に最も近く、ずり落ちにくくなっています。



他にもずり落ちの対策としては、足のサイズにあった靴下を選ぶこと。
靴のサイズではなく、はだしのときの足のサイズを知っておくと良いでしょう。はだしの状態でかかとから一番長い指(親指または人差し指)までの長さです。
わざわざ測るのは面倒かもしれませんが、お風呂上りなどに測るのがおすすめです。


詳しくは、「ずり落ち、汗、ニオイ肌触り…立ち仕事に最適な靴下とは?」をご参照下さい。

脱ぐときに恥ずかしい!そんなときはインナーソックスがおすすめ

足のムレやニオイ対策に効果的な5本指靴下ですが、いざ靴を脱ぐときに恥ずかしいと感じる方も少なくありません。
そんなときは、5本指のインナーソックスがおすすめ。
蒸れやすい指先の部分だけ靴下で、上から普通の靴下をはいてしまえば、5本指靴下をはいていることがわかりません。
他には、見た目は普通の靴下でも、内側の指の部分が5本指に分かれている靴下もあります。
見えないところでしっかりニオイ対策ができる機能的な5本指靴下です。

機能と素材を工夫して、さらにニオイを撃退!

抗菌防臭や制菌、Ag+(銀イオン)加工等の機能付きの5本指靴下であれば、さらにニオイ対策に効果的です。
また、素材でも、ニオイを対策できるものもあります。ナイロン等の化繊よりも吸湿性に優れた綿を使った5本指靴下であれば、さらにムレを軽減してくれます。
またメッシュ素材のものもおすすめ。夏場の、より汗をかきやすい時期は、素材を変えるだけで、涼しく快適にはけます。

詳しくは、「ムレやニオイ、冷え対策には5本指ソックス」をご参照下さい。

まとめ

冷え性や外反母趾予防のイメージが強い5本指靴下ですが、実はニオイ対策にも効果的な靴下なのです。
立ちっぱなしや歩き回ることが多い職業の方には特におすすめの靴下です。
何となくでしか選んでなかったビジネスソックスも、これを機会に見直してみませんか?あなたのビジネスライフがより快適で快活になるかもしれません!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を書いた人
すててこちゃんの
ページはこちら♪
第6回ぬりえコンテスト募集中!