下着を干すのはどの方法がベスト?夜に干しても良い?

記事公開日:2019年08月09日最終更新日:2019年09月30日 633 PV

下着をどうやって干すのが正解なのでしょうか。

下着を夜に外干ししても大丈夫なのかなど、洗濯物を干す時に服と違って下着の扱いに迷っている方は、少なくないかと思います。

今回こちらの記事ではそんな方のために下着の正しい干し方のコツや注意点についてを紹介していきます。

洗濯でお困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お気に入りの下着を長持ちさせるために!

皆さんは普段どのような方法で下着を干していますでしょうか?

何も考えずに適当に干しているという方は要注意です!もしかしたら知らず知らずのうちに下着を傷めてしまっているかもしれませんよ。

そこでまず一番はじめに下着を長持ちさせるための干し方のポイントやコツについてを紹介いたします。

 

ブラジャーの正しい干し方

ブラジャーの干し方を紹介する前に、干す前に一手間加えることでさらにブラジャーを長持ちさせるコツがあるのでそちらを紹介していきます。

ブラジャーの洗濯が終わったらまず、乾いたタオルで軽く抑えるようにして水分を取っていきます。

水分を取るこの際に絞ってしまうと型崩れの原因になってしまうので気をつけてください。軽く水分が取れたら次にカップの形を整えていきます。

この時はブラジャーがまだ少し濡れてる状態のうちに行うのがポイントです。

指先を使ってカップ部分の裏側の中心から外側に向かって引っ張るように丸く形を整えていきましょう。カップだけでなく、ストラップ部分も忘れず整えるようにしてください。

次にいよいよブラジャーの正しい干し方についてです。ブラジャーの干し方には、ハンガーを使った方法と、洗濯バサミを使った方法の2種類があります。

ハンガーを使った干し方は、ブラジャーの左右のカップの真ん中で2つ折りにしてそのままハンガーに干せばOKです。ハンガーにストラップをかけて干してしまうと、ストラップが伸びてしまうので避けてください。

洗濯バサミを使った方法は、ブラジャーを下向きにし、左右のワイヤーの中心辺りの2ヵ所を洗濯バサミで止めて干します

1ヵ所で止めて干してしまうと重みが集中してしまい型崩れの原因になってしまうので絶対にNGです。洗濯バサミで止める際にピンチでレースなどの装飾を引っかけないように気をつけてください。

 

ショーツの正しい干し方

次にショーツの正しい干し方についてを紹介いたします。

ショーツを干す際の最大のポイントは、「実際に着用している時と同じ状態」で干すことです。

着用している時と同じ状態で干すことにより、干した際に起こりやすい生地の伸びや型崩れを防ぐことができます。

具体的には、ピンチハンガーなどを使うなどしてウエスト部分の左右2ヵ所を洗濯バサミで止めるようにして干すと良いでしょう。

それ以外にも、生地のヨレやシワを伸ばした状態で小さめのハンガーを使って首元部分にウエストを、両腕を通す部分に両足を通す干し方でもOKです。

よくやってしまいがちなウエスト部分の片方側だけをピンチハンガーで挟んで吊り下げる方法や、ショーツの上下を逆さまにして股部分をピンチハンガーで挟んで干す方法はショーツが型崩れしやすくなってしまうのでやめましょう。

また、ピンチハンガーを使わないでショーツの真ん中から2つ折りにした状態でハンガーや物干し竿にかけて干しているという方も多いかと思いますが、このように生地が重なった状態で干すと乾くまでに時間がかかってしまうのであまりおすすめできません。

 

下着ってどこに干したら良いの?

 

ブラジャーやショーツなどの下着類はどこに干したらいいのか分からないという方は少なくないかと思います。そこで続きましては、気になる下着の干す場所についてを解説していきます。

 

下着は部屋干し?それとも外干し?

結論から言いますと、下着は外干し、部屋干しのどちらでも問題ありません。

どちらでも大丈夫なのですが、干す場所に関しては風通しの良い日陰に干すのがおすすめです。

ブラジャーやショーツが直射日光に当たってしまうと素材が傷んでしまったり、生地が変色してしまったり、日光の熱でゴムの部分が伸びてしまうことがあります。

レースでできた生地は繊細で特に直射日光に弱いので必ず陰干しするように注意してくださいね。

風通しが良い場所に干すというのは、下着をなるべく早く乾燥させるためです。下着にとって長時間生地が濡れた状態なのはあまり良くないので、生地への負担を減らすために乾きやすい風通しの良い場所に干しましょう。

干し方と同様に干す場所にも気をつければ下着の劣化を防止することができるのでぜひ実践してみてください。

 

夜に下着を外干ししても大丈夫?

下着を夜に干すという場合は、外干しではなく室内に干すことを強くおすすめします。

なぜなら、下着の夜の外干しは盗難の可能性が格段に高くなるからです。特に通りに面した一軒家やマンションの1階に住んでいるという方は、下着泥棒の被害に遭いやすい傾向にあるので要注意です。

 

まとめ

下着の干し方のコツやポイント、注意点についてご紹介いたしました!

下着は干し方次第で長く愛用することができるので、ぜひこの記事を参考に干してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を編集した人
midori arakawa

midori arakawa

サイクリングと筋トレが趣味。普段は遠出をしないが、たまに思い切って海外旅行に出かけたりする。

midori arakawaの記事一覧はこちら

すててこちゃんの
ページはこちら♪
第9回ぬりえコンテスト募集中!