吸汗速乾とは?普通の衣類と何が違うの?

更新日:2019年07月01日 2,772 PV

夏には「吸汗速乾」という言葉がよく見られるようになりましたが、どのような機能であるか、普通の衣類と何が違うのか、よくわからない方も多いでしょう。

吸汗速乾の衣類は、着るだけで汗をかいても快適にすごせるすぐれものです。

そこで今回は、吸汗速乾素材とはどのようなものなのか、そのしくみや選び方、選ばれている衣類のジャンルについてもご紹介します。

吸汗速乾とは

吸汗速乾とは

「吸汗速乾」を簡単に説明すると、汗をすばやく吸収してすばやく発散する機能のことをいいます。吸汗速乾素材を使用した衣類は、夏場の暑さやスポーツで汗をかいても、衣類の中がサラサラと快適の状態を保てるすぐれものです。

各メーカーで異なる吸汗速乾素材のしくみ

毛細管現象
「東レ」の吸汗速乾素材は、毛細管現象を利用したしくみ。太さの異なる繊維を組み合わせることで、自然に汗が繊維に吸いとられていき、服の表面ですばやく発散します。

吸水素材と撥水素材の組み合わせ
「東洋紡STC」では、外気に触れる面には吸水性のよい素材、肌に触れる面には撥水素材を使用。大量の汗を吸水するうえに、撥水素材で汗をはじくことで肌へ汗が戻るのを防ぎます。

動く繊維で通気調整
「三菱ケミカル」は、汗で繊維が湿ると繊維の編み目がゆるんで通気性をよくし、乾燥すると編み目がしまって乾燥を防ぐ素材を開発しています。

普通の衣類との違い

サラサラの肌触りの持続と蒸れ防止
普通の衣類は汗をかいたときに、汗がすぐに吸収されにくかったり、大量にかきすぎるとビショ濡れの状態に…。大量にかかなくても、衣類の中はじっとりと湿った状態が続き、着続けているのが不快になってしまいます。

吸汗速乾の衣類は、すぐに汗を吸いとり、発散させることでサラサラの肌触りが持続。さらに湿気がこもりにくいので、蒸れて痒くなるのを防ぎます。

涼しく感じる
人は汗をかいて発散させることで、体内の熱を奪い、体温を下げようとします。しかし普通の衣類は汗を発散しづらく、体感温度が高めになりがち。吸汗速乾の衣類は汗の蒸散がすばやいので、体温を効率よく下げられ、涼しく感じます。

肌トラブルを防止
かいた汗をそのままにしておくと、毛穴に皮脂が詰まったり、雑菌が繁殖することで発疹などの肌トラブルの原因になります。普通の衣類は汗を吸収しづらく、このような肌トラブルに悩まされる方も。汗をすばやく吸いとる吸汗速乾の衣類を着れば、そのような肌トラブルの防止にも役立ちます。

吸汗速乾衣類の選び方とは?

吸汗速乾衣類の選び方とは?

各メーカーから様々な吸汗速乾衣類が販売されていますが、どのような点に気を付けて選べばよいのでしょうか。ここでは、選び方のポイントを3点ご紹介します。

生地の厚さや重さ

吸汗速乾衣類の機能をより効果的に感じるためには、生地の厚さ選びは重要なポイントです。薄いものほど通気性にすぐれ、より速乾性を高めることができるので、なるべく薄いものを選びましょう。

生地の厚さには、グラム(g/m2)とオンス(oz)の二種類があります。どちらも本来は重さを表す単位ですが、生地の場合は重いものほど厚みがあり、軽いものほど薄いという厚さの指標となっています。

3.0~4.5ozは薄手のTシャツ、4.6~5.5ozはTシャツとしては最も一般的な厚さ、5.6~6.5ozは厚手の生地という目安です。

吸汗速乾衣類は3.0~4.5ozの薄手のものを選ぶと、より乾きやすく涼しい体感で、快適に着られます。

綿とポリエステルの配合率

吸汗速乾衣類の多くはポリエステルと綿の混合素材ですが、この配合率によって肌触りや乾きやすさが異なります。綿が多めに配合されているものは、肌触りがやわらかく、肌にやさしいですが、吸汗速乾性は劣ります。

逆にポリエステルの比率が高いものや、ポリエステル100%のものは人によってお肌との相性は異なりますが、吸汗速乾性にすぐれています。下着などデリケートな部分に着用する場合は綿が多く配合されているもの、スポーツウエアなど汗をたくさん吸収する必要がある場合にはポリエステル100%のものがおすすめです。

接触冷感やUVカット機能つきのもの

暑い夏には汗の発散による体温調節だけでは、なかなか体温を下げられないもの。「接触冷感機能」のあるものは、触れた箇所の体の熱をすぐに生地へ移動させることで、ヒンヤリとした冷たさを感じます。それによって体感温度が下がり、より快適な着心地に。

長い時間、外で活動する場合は「UVカット機能」がおすすめ。日焼けを防止でき、肌へのダメージを減らせます。

人気の吸汗速乾衣類のジャンルと、人気の理由

人気の吸汗速乾衣類のジャンルと、人気の理由

選び方のポイントがわかったところで、購入するのにおすすめな吸汗速乾衣類には、どのようなジャンルがあるのか知りたくないですか?吸汗速乾衣類で人気のジャンル別に、商品の口コミを参考にした人気の理由をご紹介します。

下着類

ショーツシャツブラジャーなどの下着類は直接肌に触れるため、いつでもサラサラで快適な状態がよいですよね。そのため下着類は各メーカーでも販売数が多く、人気のジャンルです。

パンツ・シャツはお尻の蒸れによる、かゆみを防止できたり、スポーツ中にかいた汗による不快な湿りを減らしたりできるため、人気が高いといえます。

シャツに関しても同様に、汗をかいてもサラサラとした着心地を保てる点が人気。とくに脇汗が服に浸みてくるのを防げるという点は、男女ともにうれしい機能のようです。

スポーツブラジャーはしっかりとフィットするようにつくられているので、どうしても胸の下や背中、脇に汗がたまりやすくなります。汗がたまると痒くなりやすく、何をしていていも集中できないことも。そのため、吸汗速乾のものを選ぶ方が多いようです。

オーバーパンツ

オーバーパンツとは、ズボンやスカートの下に履く、スパッツのようなもののことです。腰やお尻、腿の裏にかいた汗をすばやく吸収して乾くので、ズボンやスカートが肌に貼りつくのを防げるのが人気のポイント。

靴下

長時間歩いたり、通気性の悪い革靴を履き続けると、湿気がたまって臭いが気になることも。吸汗速乾の靴下は蒸れを防ぐので、足の臭いが気になりにくくなります。夏はもちろん、雨の日や登山用としても、よく選ばれるジャンルです。

スポーツウエア

スポーツでは大量に汗をかくので、スポーツウエア選びには吸汗速乾機能は欠かせません。汗をかいても臭いが発生しずらく、ビチャッとした不快な肌触りを防げる点が人気。またスポーツウエアを毎日使用する方には、洗濯しても乾きやすい点も選ばれる理由でしょう。

普段の服

下着だけでなく、その上に着る服にも吸汗速乾機能があれば、さらに涼しく快適に。Tシャツだけでなく、カットソー、デニムまで幅広く販売されているので、おしゃれを楽しみながら快適に着られる人気ジャンルです。

まとめ

吸汗速乾とは?普通の衣類と何が違うの?のまとめ

吸汗速乾機能は、下着だけでなくスポーツウエアや普段の服にまで取りいれられるようになっています。こういった衣類をうまく取り入れることで、猛暑が続く夏でもエアコンにすぐに頼らずにすみ、健康的にすごせるかもしれません。今回の記事を参考にしていただき、夏も快適にすごしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を編集した人
midori arakawa

midori arakawa

サイクリングと筋トレが趣味。普段は遠出をしないが、たまに思い切って海外旅行に出かけたりする。

midori arakawaの記事一覧はこちら

すててこちゃんの
ページはこちら♪
第10回ぬりえコンテスト募集中!