もう悩まない!秋冬ファッションを楽しむタイツ選び8つのコツ

記事公開日:2019年05月10日最終更新日:2018年10月22日 211 PV

秋冬のファッションには欠かせないアイテム・タイツ。タイツを履けばファッションの幅も広がりますし、寒い季節の防寒にもなりますよね。
そんなタイツ選びに毎年悩んでいたり、どんなシーンでも同じタイツを選んだりしていませんか?毎年同じことで悩んだり、ファッションがワンパターン化したりするのはもうたくさん!より楽しく自由に秋冬ファッションを楽しめるタイツ選びのコツをご紹介します!

オシャレにきれいにタイツを履きたい時のコツ

せっかくタイツを履くなら美しくきれいに見せたいですよね。しかし、タイツを履くと足が太く見えるとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
タイツを履いて足を美しく見せるにも選び方のコツがあります。そのコツを抑えて美脚美人を目指しましょう!

足がきれいに見えるコツ

足を細く見せたい時には、タイツのデニール数に気を付けてみてください。
足が細く見えるオススメのタイツは40~80デニールのプレーンタイツです。プレーンタイツならば履いた時に程よい透け感もあるので、うっすら見える肌の色がハイライトとなって足にメリハリを作ってくれます。
また、黒タイツにこだわりたいという方は、糸の染色からこだわった美しい黒のタイツを選んでみてください。普通の黒タイツはタイツの形に織った後に黒に染色しますが、黒の美しさにこだわったタイツは原材料や糸から黒に染めています。そのため色ムラが少なく、深く美しい黒でより美しい足に近づきますよ。

むくみを抑えて細く見せるコツ

冷えや水分不足が原因で、冬は特にむくみやすい季節です。タイツは足が太く見えるとお悩みの方も、実はむくみが原因かもしれませんよ。
着圧タイツは程よく足を引き締めてくれるので、細く見えるだけでなく、血の流れを良くすることでむくみの改善も期待できます。立ち仕事や飛行機・電車での旅行など、むくみやすい時でも、着圧タイツでむくみを撃退して美脚タイツ美人を目指しましょう!

定番の黒以外でオシャレを楽しむコツ

定番の黒もいいけど、もっとオシャレを楽しみたいという方には、カラータイツ柄タイツがオススメです。落ち着いた色を着がちな秋冬のファッションに、カラータイツや柄タイツを合わせてあげればファッションのアクセントにもなりますよ!
「カラータイツに挑戦してみたいけど何色がいいかわからない」という方にはグレーやネイビーなどの濃い色がオススメ。グレーは足の形をぼかしながらも引き締めてくれるので、足の形に自信がないとお悩みの方にピッタリですよ。

気温に合わせて暖かく過ごしたい時のコツ

タイツは秋冬のファッションの幅を広げてくれるだけでなく、保温能力にも期待したいところですよね。
しかしその日の気温に合わせてあげないと、タイツを履いているのに寒かったり、逆に暑すぎたりしてしまいます。一日を快適に過ごせるかどうかを大きく左右してしまうことも。
タイツの選び方を工夫して、秋冬を快適に過ごしましょう!

タイツの履き初めのコツ

タイツを愛用している方を悩ませるのがタイツの履き初めです。まだちょっと暑いかな?浮いてしまわないかな?とシーズンの初めにタイツを履くときは少しドキドキしてしまいます。
そんな時には30デニール程度のシアータイツがオススメです。
薄手の30デニール程度ならタイツを履いて秋のシーズン感を出しながらも、暑さはほとんど感じませんよ。その日の気温に合わせてデニール数を調整してあげれば、快適にタイツを履くことができます。タイツを履くかで悩んだら最高気温が20℃以下かどうかを基準にしてみてください。

タイツの履く時期については「タイツはいつから? 気になるタイツの時期を解決!」の記事もチェックしてみてください!

冬本番でとにかく暖かくしたい時のコツ

冬本番になってくるとタイツでも防寒を考えたいところ。100デニール以上の厚地タイツなら冬でも安心ですね。ウールなどを含んだ毛混タイツや、タイツの裏側が起毛となっていてふんわり暖かい裏起毛タイツも厳しい寒さの日にはオススメです。

寒いからと言って、厚地のタイツを避けたいという方には「発熱」タイツがオススメ!汗などの体から放出された水蒸気を使って発熱する吸湿発熱加工がされているタイツなら、薄手なのにポカポカ暖かいですよ。

機能性タイツで快適にタイツを履きたい時のコツ

タイツには、快適に履けるように様々な機能で工夫されています。機能のついたタイツを選ぶことで、タイツに対するちょっとした悩みや不満が解決するかもしれませんよ。タイツを選ぶ時には美しさやファッション性の他に、機能性にも着目してみてください。

スカートやワンピースがまとわりつくのを抑えるコツ

タイツに合わせることの多いスカートやワンピースが、歩いている間に足にまとわりついてくる!という経験をしたことはありませんか?そうなってしまうと、ふんわりとしたフレアスカートやワイドパンツのせっかくのシルエットも台無しになってしまいますよね。
まとわりついてくる原因は、タイツとスカートなどが擦れあってできる静電気のせいです。冬は静電気が多くて困ることが多いですよね。
そんな時には「静電気防止加工」のされたタイツを選んでみてください。静電気の発生を抑えて、スカートなどがまとわりつきにくくなります。また、洗濯時に柔軟剤を使えば履き心地がなめらかになり、静電気が起こりにくくなりますよ。

毛玉を抑えて長く履くコツ

いざタイツを履いてみると、毛玉が目立っている…なんて経験はありませんか?
その毛玉ができる原因は摩擦。しかし歩いたり洗濯したりなど、摩擦を防ぐのは中々難しいですよね。
タイツを選ぶ時にパッケージをよく見てみると、「毛玉防止」や「毛玉ができにくい」と記載しているタイツがあるはずです。この毛玉対策をしているタイツを選んでみてください。普通のタイツよりも毛玉ができにくく、長持ちするはずですよ。
また、タイツのお手入れにも気を付けてみてください。
洗濯時はできるだけ手洗いか洗濯ネットに入れて、タイツだけで洗濯をしてください。洗濯ネットに入れる時にタイツを裏返してあげれば、洗濯時にできる毛玉が表面にはできにくくなりますよ。

タイツのお手入れについては「タイツやストッキングを長持ちさせるための5つのポイント」の記事もチェックしてみてください!

ブーツを履いた時のニオイを抑えるコツ

タイツとブーツでムレやすい冬場の足元は、ブーツを脱いだ時の臭いも気になりますよね。
そんな時はムレ防止やデオドラント加工のされているタイツでかしこく消臭しましょう。
特にムレを抑えてあげれば臭いだけでなく、さらさらとした肌ざわりで快適に過ごせますよ!

まとめ

タイツもストッキングと同様に様々な機能やカラーが充実しています。身につける時期やどんな風に見せたいかでタイツを選んであげれば、より快適に、より美しくタイツを履けるはず!
タイツ選びに悩んでいる方も、諦めてしまっている方もタイツ選びのコツを掴んで、めざせタイツ美人!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を書いた人
アバター
すててこちゃんの
ページはこちら♪
第7回ぬりえコンテスト募集中!