男の子のママ必見!スクールインナーの賢い選び方

小学生や中学生の男の子におすすめのスクールインナーをご紹介します。暑くてもきちんとインナーを身に付けることで、汗やニオイをケアし、皮脂汚れによる制服の痛みも防ぎます。まだまだ成長段階のお子様の肌は、大人と比べて繊細。快適なスクールライフを送るためにもインナーから見直してみませんか?

インナーを着るメリットをご紹介
選び方のポイント

汗をかく暑い時期でもインナーは着せるべき?
着た方が快適!インナーのメリット

暑いからといって、お子様が制服や体操服の下は何も着ず裸、なんてことはありませんか? インナーは防寒だけではなく、汗をかく時期こそ大活躍のアイテムなのです!

体温を調節してくれます

カッターシャツや体操服は、インナーほど汗を吸いません。
インナーを着ず、カッターシャツや体操服だけを着ることは、素足でスニーカーをはくようなもの。身体から出た汗を吸いにくくなるため、ムレて、ニオイもきつくなります。 熱がこもり、余計に暑く感じ、汗疹などの肌トラブルの原因にも。さらに、そのベタベタの状態が冷えると、身体も冷えてしまいます。 秋冬も、暖房の効いた屋内にいると、意外に汗をかいているもの。汗をかけば、当然ニオイも発生します。
汗は1年中、対策が必要なのです。インナーを着て汗をしっかり吸わせることで、ムレやニオイも抑え、体温調節もしてくれます。
夏は、ドライ機能や吸汗速乾などの機能付きのものや、綿100%やメッシュ素材などのインナーがおすすめ。 秋冬の寒い時期は、ヒート機能や裏起毛などで防寒対策を。

汗や皮脂による洋服の痛みを防ぎます

第二次性徴期は、新陳代謝が活発な時期。体臭も強くなります。
この時期は汗をかかなくても、皮脂汚れは毎日沢山出ます。皮脂汚れは放っておくと、洋服の黄ばみの原因に。 インナーを着れば、汗や皮脂汚れによる洋服の痛みを防ぎ、長持ちします。

汗をかく暑い時期でもインナーは着せるべき?
選び方のポイント

子どもの肌は大人より敏感なため柔らかいものを

インナーの生地に保湿成分が入っているものや、綿100%など天然繊維を使ったもの、柔軟成分入りなどやわらかい肌触りのインナーを選ぶと良いです。

よく動くため、しめつけず動きやすいもの

ストレッチ素材が入ったインナーであれば、身体の動きにフィットし、着脱もしやすいのでおすすめです。

汗をよく吸収し、ムレにくいもの

綿や麻、絹などの天然素材の入ったインナーがおすすめ。吸汗性や速乾性に優れています。

汗やニオイ対策など
お悩みで選ぶ

運動部のお子様にオススメ

吸汗速乾やドライ加工など汗が乾きやすいもの、消臭などニオイを抑えるものがオススメ。

運動部や体育

アトピーや敏感肌…肌が弱いお子様に

綿などの天然繊維の素材のものや、タグがプリントされているものなどがオススメです。

肌が弱い子にはコレ

修学旅行や部活の合宿にオススメ

人前で着替える機会があるときはおしゃれな見せるインナーで周りと差をつけちゃおう!

肌が弱い子にはコレ

アイテムやブランドで探したい
カテゴリーで選ぶ

アイテム

ブランド

  • グンゼの子供肌着グンゼ 子供肌着通気性が高く、ソフトな着心地の鹿の子(かのこ)素材の下着。
  • KGスキンタッチコットンKGスキンタッチコットン素肌に優しい綿100%。保湿成分や柔軟成分をプラスし、やわらかな肌触り。
  • ヘインズ 部活魂ヘインズ 部活魂汗対策と通気性にこだわった軽さらメッシュインナー。
  • B.V.DBVD吸水性抜群でソフトな手触り。洗濯を繰り返しても丈夫で長持ち!
  • グンゼ アトネスグンゼ アトネスアトピー等、肌の弱いお子様にも安心の着心地。日本アトピー協会推薦品。