シルクのパジャマを選ぶポイントは?睡眠効果を高めるシルク衣類を紹介 | 最高級素材純絹(シルク)100%使用の下着通販店【Mayui】 | 最高級素材純絹(シルク)100%使用の下着通販店【Mayui】

お気軽にお問い合わせください

0776–73–5258

シルクのパジャマを選ぶポイントは?睡眠効果を高めるシルク衣類を紹介
2018.11.22

パジャマにこだわりを持っていますか?たかがパジャマと思っている方も多いと思いますが、素材によって睡眠効果が変わってくることをご存知でしょうか。

特にシルクのパジャマは、睡眠効果を高めることができます。

この記事では、パジャマを使うメリットやシルク生地の特製について紹介します。これからシルク生地のパジャマを探そうとしているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

意外と知らないパジャマを使うメリットとは?

日常的に使っていない人も多いパジャマには、隠されたメリットがたくさんあります。具体的には

  • 睡眠中の汗を吸収
  • 布団の湿度を調節
  • 身体の締め付けが少ない
  • 寝付きが良くなる
  • 清潔なベッド環境を保つ

などが挙げられます。

それぞれ詳しく説明します。

睡眠中の汗を吸収

パジャマを着ることで、睡眠中にかく汗を吸収してくれます。睡眠中の汗は意外と多くかいていることをご存知でしょうか?人間は寝ている間に、コップ一杯ほどの汗をかくといわれています。

パジャマはかいた汗を吸収し乾かしてくれるので、より快適なベッド環境が手に入ります。

布団の湿度を調節

パジャマは、着て寝るだけで布団の中の湿度を調節してくれます。

余分な熱を放出する効果があるので、起きた時にべたつかず快適に起きることができます。

身体の締め付けが少ない

パジャマを着ることで身体の締め付けを少なくできます。身体の締め付けが強いと血行が止まったりリラックスできなかったりして熟睡できない可能性があります。また、身体の温度を調節することができないので、眠りが浅くなってしまいます。

パジャマを着るのことで身体の締め付けを少なくし、熟睡できるようサポートします。

寝付きが良くなる

パジャマを着ることで、寝返りがしやすくなり寝付きが良くなります。

人は睡眠中に無意識のうちに何度も寝返りを繰り返しています。

寝返りは

  • 血の流れを良くする
  • 汗を乾きやすくする

身体の負担を一部へ集中的に負担をかけないようにする効果があります。

清潔なベッド環境を保つ

パジャマを着ることで、清潔なベッド環境を保つことができます。私服のまま寝てしまうと、日常生活で持ち込んでしまうホコリや花粉がベッドに付いてしまう可能性があります。

また、布団を汚してしまう可能性があるので布団に入る際は専用のパジャマを作りましょう。

 

特におすすめのパジャマはシルク生地です。では、シルク生地はどんな性能をもっているのでしょうか。

シルクがもつ性能とは?

シルク生地は、光沢がありツルツルした肌触りのものを想像しますが、実際に着ないとどんな性能を持っているのかはわかりません。

シルク生地の性能は

  • タンパク質でできている
  • 静電気が発生しにくい
  • 吸湿性・保湿性・放湿性に優れている
  • 赤外線を吸収
  • 耐熱性に優れている

があげられます。

それぞれ詳しく説明します。

タンパク質でできている

シルクは、人間の皮膚と同じタンパク質で作られています。肌に近い存在なので、人の肌と相性抜群です。肌に優しいため、肌が弱い方でも安心して着ることができます。

静電気が発生しにくい

シルク生地は天然繊維なので、静電気が発生しにくいです。冬場にいきなり「バチッ」っとくる静電気を受けずに快適に過ごすことができます。また、静電気によってホコリを寄せ付けていましたが、シルク生地にはその心配がいりません。

吸湿性・保湿性・放湿性に優れている

シルク生地は、吸湿性・保湿性・放湿性に優れています。暑い時や寝ている時にかいた汗を吸収し、放出してくれます。冬場の乾燥する時では、高い保湿性によって肌を快適に保つことができます。

赤外線を吸収

シルク生地は、赤外線を吸収します。もともとシルクは蛾の幼虫の蚕(カイコ)の繭(マユ)から作った繊維です。赤外線は、蚕(カイコ)の成長に害を与えます。そのため繭(マユ)は、赤外線を吸収しやすくなっています。

耐熱性に優れている

シルクは耐熱性に優れています。ほとんどの繊維は200度で燃えてしまいますが、シルクは300度以上の高温でないと燃えません。

 

ここで気になるのは、シルク生地のパジャマの選び方ではないでしょうか。

シルク生地のパジャマを選ぶポイント

シルク生地のパジャマを選ぶポイントは、

  • 肌の質
  • 着る人の性格
  • 時期

によって変わってきます。それぞれ詳しく説明します。

パジャマを選ぶポイント:肌の質

肌の質は、汗をかきやすい人や環境の変化に敏感な人など違いは様々です。シルク生地のパジャマが自分の肌と合うかを確認しておきましょう。

汗をかきやすい人の場合、吸水性の高いシルク素材を選ぶことをおすすめします。シルクは吸湿性に優れている素材で、衣類の中と外の温度によって吸収・乾燥をしてくれます。

環境の変化に敏感な場合も同様に、シルク生地のものを選びましょう。肌触りの優しいシルク生地は人間の肌に近いため、肌にとってもうれしい素材です。

パジャマを選ぶポイント:着る人の性格

素材には、人それぞれの好みがあります。着る人の性格によって、自分に合うものか確認してみましょう。

神経質だと感じている方は、とにかく肌触りを重視するのがおすすめです。例えば、フワフワしものやツルツルしたものなど、触り心地で判断してみましょう。

普段からストレスをため込んでしまう方は、光沢のあるものを選ぶのがおすすめです。光沢感のある高級なパジャマに身を包むことで、すっきりした気持ちで眠りにつけます。肌になじみやすい素材を選ぶことでリラックス効果も期待できますよ。

パジャマを選ぶポイント:時期

時期によってパジャマを変える方も多いのではないでしょうか。適切な環境で睡眠をとることで、睡眠の質を上げることができます。

春や秋の場合、寒い朝があれば暖かい朝もあり、温度の調節が難しい時期です。パジャマで温度管理するのであれば、シルク生地がおすすめです。吸水性が高く放湿性も優れているので体温管理がしやすくなっています。

夏の場合、極力涼しい格好をして眠りたいですよね。とはいえ、あまりに薄着だと風邪を引いてしまう可能性があります。さらに、汗や皮脂が布団に直接吸収されるので、汚れたり清潔感が薄れたりしてしまいます。シルク生地のものを使うと、汗を吸い取りすぐに放出してくれるので、温度管理が楽にできます。また、布団を汚さず清潔な環境で寝ることができます。

冬の場合、服を重ねて着たり多くの布団をかけたりして寒さ対策をしますよね。しかし重ね着は寝返りをうちにくくする原因になります。さらに、吸水力が落ち乾燥しにくくなります。シルク生地は、保湿性が高いので寝ている間の肌の乾燥を防止できます。また、体温の管理もしやすいので、多くの布団をかけなくても暖かく寝ることが可能です。

シルク生地の衣類を洗う時に注意するべきこと

シルク生地のパジャマを使うのであれば、できるだけ長く使いたいですよね。そこで注意するのが先端するときです。シルク衣類の洗濯は、かならずタグに手洗いマークが付いているかを確かめてから行いましょう。もし、マークに×が付いていたら水洗いすることができません。

洗濯の際に使う洗剤は、中性洗剤を使うと衣類へのダメージを減らすことができます。また色落ちを防ぐためにも、衣類の裏側を使って問題がないか確認してください。

洗う手順としては

  1. 衣類についているタグをチェック
  2. 衣類を裏返す
  3. 色落ちしないかチェック

となります。手洗いの場合は

  1. 30℃のぬるま湯に浸す
  2. 洗剤を入れて数分放置
  3. きれいな水に浸してすすぐ

を繰り返します。

洗濯機で洗う場合は

  1. 衣類をネットに入れる
  2. ドライコースを選択

となります。

洗った衣類を干すときに注意したいのが、直射日光を当てないことです。かたちを整えて日光が当たらない風通しのいい場所に干しましょう。もし自分で洗うのに抵抗を感じるのであれば、近くのクリーニング屋さんにお願いするのも1つの手です。

シルク生地のパジャマは肌に優しく快適な睡眠をサポートする

こちらの記事では、シルク生地のパジャマについてご紹介しました。シルク生地は吸水性や保湿性が優れているだけでなく、肌に優しいことからパジャマとして使うことがおすすめです。長く愛用できるように洗濯する際にも丁寧な扱いを心がけましょう。